横浜市泉区中田、スポーツ整形外科、ファンクショナルスポーツテーピング、医療エッセイ


by suzukiseikeigeka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
あっという間に申年(さるどし)を迎えました。4年に一回のうるう年1年366日で少し得した分体をより鍛えましょう。日本人は世界一肥満のトンガの人と比べてまあ!なんと細いのでしょうという所ですが日本人はやせ過ぎです。BMI(体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m))でBMIが19.5以下かはやせ過ぎで不健康、若い女性がこれ以下が多いようです。若い時のダイエットは将来重篤な骨粗鬆症や40才以降のサルコペニア(筋肉減少症)をひき起しますので、BMI25前後の少しぽっちゃり筋肉質が一番免疫力が高いと思われます。
[PR]
# by suzukiseikeigeka | 2016-01-12 14:51 | 医療全般
 横浜市泉区医師会長を引き受けて3期目5年目に入っています。

2025年問題もあと10年以内に迫ってきました。その問題は団塊の世代(1947~1949生まれ)が後期高齢者(75才)になり介護を受ける人が入院ベッド数より超過するために、病気しても入院できない入院予備軍が増えるという事態です。

昨年泉区公会堂でロコモティブシンドローム(運動器症候群)の講演をしましたが、平均寿命-健康寿命(男9年 女13年)をいかにすくなる鍵がロコモ予防です。講演した手前、昨年から体重を14㎏減体脂肪率21→15に改善させ、少しでも医療費で国に負担をかけないように”ピンピンコロリ”であの世に旅立とうと願っております。
[PR]
# by suzukiseikeigeka | 2015-12-01 14:39 | 医療全般
 季節は年に4回変わり、必ず変わり目には体調が狂いがちですが、規則正しい生活・睡眠が免疫力を高め風邪を引かなくなります。

又スポーツをすれば40歳から毎年1%筋肉量が減り、自然とサルコペニア(筋肉減少症)になるのを防ぎ、認知症を防ぐ事が出来ます。寒くなるまでの1年の中で1番の季節の中で太陽の元で正しい運動をしましょう。

体が固いと怪我の元になり易いし、疲れやすくなります。ストレッチ不足だとこむらがえりを含めて筋肉の緊張が高まり易いので運動をする前に十分なストレッチに肉離れ用のテーピング+きつめのサポーター装着で怪我防止に留意しましょう。
ちなみに肉離れのテーピングの動画はこちらを参照して下さい。
[PR]
# by suzukiseikeigeka | 2015-10-20 14:53 | 医療全般

シンスプリントの管理

ダッシュ→急激な停止を繰り返す運動として、陸上・ハンドボール・サッカー・バスケットボール選手に多く
見られます。症状としてはスネの骨内側下半分に縦に沿って走る圧痛が特徴です(スネの内側を上から下の沿って押すと痛みが連続する)。

体が出来てない中一や種目変更して不慣れな高一に多く少し慣れてきた6~7月に発生し易いようです。
練習量が現在の自分の体力以上に脚に負荷が掛かったり、体が硬かったり、筋力が弱いために起こります。

ここはジャンプ、ダッシュする時の筋肉の付着部の骨膜炎ですから間違ってもマッサージしない事です。
痛めた直後は冷たい流水で5分間冷やしたり、保冷剤・コールドスプレーで患部の炎症を除き、足首の固定をする事です。
患部を冷却し、足首を固定しても痛みが取れなければ整形外科に受診する事をお勧めします。

受診時レントゲン撮影して異常なければ、筋力強化(前脛骨筋訓練)+膝・足関節のストレッチをしながらテーピング施してスポーツは可能です。
筋力強化の方法としては足首90度に固定して足背に1~2㎏の重りを載せて座った位置で太ももを上げる訓練をし、ストレッチとしてはアキレス腱を十分に伸ばし、足先を下側に伸ばしてやる事です。

但し正しい管理をして2~3週間痛みが取れなければ脛骨疲労骨折(1か月運動禁止)の疑いもありますので要注意!!

ここに至るまで骨膜炎ですからマッサージ厳禁(整骨院・マッサージ)又シンスプリント→脛骨疲労骨折の流れから考えますと、最初から整形外科で経過を診て貰った方が本人の為になると思います。
[PR]
# by suzukiseikeigeka | 2015-08-18 14:52

猛暑日が続いております

今年も暑い夏がやってきました。八月五日現在猛暑日(最高気温35℃以上)が観測史上初めて五日以上続いており、従って昨年より熱中症による死亡者が昨年の数倍になっているのも頷かれます。
 昨今のメディアで健康番組で話題として取り上げられて、だいぶ皆様に啓蒙されてきましたが、老年期になると温度調節機能が低下してきて温度上昇・湿度の変化に鈍くなり、ミネラル摂取不足や室内なら絶対安全等いまだきちんと正しい知識が伝わっていません。管理されないと朝方の「こむら返り」出現や食欲」減退や睡眠不足に陥るために抵抗力が落ち、冷房のし過ぎがあいまって夏風邪にかかる人も出現しています。
  規則正しい3度の食事、早寝早起きのきちんとした睡眠、疲れの出ない程度の運動の励行によって9月末まで続く暑い夏を乗り越えましょう。
  又こむらがえりを含めて筋肉の緊張が高まり易いので運動をする前に十分なストレッチに肉離れ用のテーピング+きつめのサポーター装着で怪我防止に留意しましょう。ちなみに肉離れのテーピングの動画はこちらを参照して下さい。
[PR]
# by suzukiseikeigeka | 2015-08-04 14:39