横浜市泉区中田、スポーツ整形外科、ファンクショナルスポーツテーピング、医療エッセイ


by suzukiseikeigeka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

スポーツの原点とは?

三月二五日に東京に桜の開花宣言がされましたが、その後二日冬に逆戻りでまだつぼみのままです。
この二日間、スポーツの心得を揺さぶられる事が二件ありました。
一つは精神力の強さが肉体を超越してくれる事で、横綱稀勢の里が左上手で力の出る左肩の付け根の大胸筋の裂傷にもめげず、千秋楽に続けて二番勝ち、普段の練習の積み重ねが花開いた事で、インタビューで今したい事はと問われて「稽古」ですと言った事。
二番目がインターハイで強豪校でならす栃木県立大田原高校山岳部の部員が春先の表層雪崩で八人が犠牲になった事、ベテランの先生が帯同していたののも拘わらず遭遇してしまったのは、自然の怖さと用意周到はし過ぎてもし過ぎる事はないということでした。強豪校ゆえの無理な日程が組まれたのかと・・・
# by suzukiseikeigeka | 2017-03-28 14:58 | スポーツ医学
インフルエンザは大分終息してきましたが、(嘔吐下痢症のノロウィリスも10年来の大流行でしたが、その前に終息)かからない人の話を聞くと要は免疫力の高まる生活を送っている為だと思います。
規則正しい早寝早起き、暴飲暴食を避け、スポーツ習慣のある人です。今黒岩知事が言っている”未病”が健康寿命を引き上げ、結果的には社会保障費の引き下げに貢献します。
但し私みたいに先週の日曜日に二時間半トレッドミル走って17キロ走破で2~3日筋肉痛がひどく、こういうやり過ぎはいけません。
# by suzukiseikeigeka | 2017-02-21 15:02 | 医療全般

インフルエンザ流行

今年は一昨年に続いてインフルエンザが流行の兆しを見せ、それも一ヶ月半前倒しでで到来しています。又嘔吐下痢症(ノロウィルス)も流行しています。

ウィルスは人間の突然変異の数十倍の速さで進むためひとたび人間生命にとって致命的なウィリスが出来上がれば1920年代に世界で80000万以上の死者が発生したスペイン風邪の到来の悪夢も起こりうるかもしれません。だから北海道、宮崎、新潟、青森で今まさに熊本に蔓延しかかっています。

動物愛護団体から文句が出そうですが、数十万羽の鶏の殺傷・埋没作業はもし人間にかかる鳥インフルエンザが発生を阻止するのに致しのない事かもしれません。何せ渡り鳥を無くす事が不可能だからです。

それよりもウィルス対策として「免疫力を高める方が先決です。(インフルエンザワクチンを接種してもかからない事ではなく重症化しない事)。年末でとかく過労と過多の飲酒で体力を落としているのがきがかりです。早寝・早起き・節酒をモットーにしましょう。
# by suzukiseikeigeka | 2016-12-27 14:47 | 医療全般
 最近温暖化現象で全地球的に異常気象が起きており、インドでは観測史上最高の51,1℃を記録したり、日本ではつい10月12日に30℃を越えてたと思ったら3週間後の今朝5℃前後後まで低下したり、裏日本側ではもう雪が大量に降っています。

人間は四季をを通じて少しづつ環境に合わせて」抵抗力を発揮しますが、このような天気では体も付いて行かず、今年は例年より早くインフルエンザ流行の兆しが来ていますので、良く食べ、良く寝て、規則正しいリズムで免疫力を高める体にしましょう。

”未病”と言う言葉が流布しているように、病気になる前に体の健康作りが大事です。季節的には運動シーズン!!体の状態に合わせて運動をして、健康寿命の敵のロコモティブシンドロームにならないようにしましょう。
# by suzukiseikeigeka | 2016-11-08 14:31

季節感を感じとる事

日本は諸外国と違い四季の変化がはっきりして移り変わりが外人に喜ばれるようです。
季節の移り変わりを感じ取ろうとして岐阜の長良川の鵜飼を見に10月1~2日行ってまいりました。鵜匠が宮内庁付きの国家公務員だとか海鵜は茨城県の指定された場所でしか捕獲できないとか、訓練期間が数年かかり使える期間が20年とか、行かないと解らない様な経験をしてきました。
知的な刺激とは別に9月初めに「ロコモティブシンドローム」の講演をして、これは膝を含めた体を鍛えないと早く老化が進むとして、日頃から体を鍛えがアンチエイジングになるという事で私も今日の夜から週三回スポーツジムで走ります。
若い人のみならず、健康に不安を持ち始めた老年にふさわしい運動のやり方を教わり、継続は力なりということで、介護期間を減らしましょう。
# by suzukiseikeigeka | 2016-10-04 14:47 | 医療全般